Marketing-Communications Official Blog

2016年 初詣と価格競争についての考え方

明けましておめでとうございます。本年もマーケティング・コミュニケーションズ株式会社を宜しくお願いいたします。

今日は、新年のお参りに寒川神社へ行ってまいりました。

DSC_0957

昨年の熊手を返して、新しい熊手を購入しました。今年は、これまで以上にお客様目線で活動していきたいと思います。

価格競争の余波

ビルメンテナンス業やリフォーム業を行っていると、どうしても付いてまわるのが『価格競争』です。ユーザーにとってはもちろん、予算ありきのことなので切っても切れないと思います。

私たちも、案件によっては端数切捨てだったりをクライアントさんから要望されたりしますが、極力、価格競争に巻き込まれないようにしています。一見、傲慢な経営かもしれませんが、最終的にお客様にご迷惑が掛かると考えているからです。

今では『比較サイト』などで簡単に多数の業者へ一括見積、ということができ、お客様は自分の予算に合った業者を探すことができる時代です。そういった時代の流れを否定するつもりもありません。それはお客様が決めることですし、予算あってのビルクリーニング、店舗クリーニング、戸建リフォームです。クリーニングに関しては、「なるべく経費を削減したい」と考えるビルオーナー、店舗オーナーがほとんどだと思います。

しかし、私たちが最近お客様からよく耳にするのは「クリーニングをしてもらったけどあまりキレイじゃない」「リフォームしてもらったけど仕上がりに納得がいかない」といった、施工後のトラブルです。

最悪な場合、施工をしてもらった業者と連絡がつかずに泣き寝入りしているお客様もいらっしゃいました。

 

価格競争で他業者同士で相見積は必須になっていますが、簡単に安い業者に頼むのではなく、見積をもらい今までやった実績写真なども一緒に見せてもらうことも大事です。安くてもそれまでの施工実績とあなたのイメージが異なる場合は、その業者を選ばない方が最良の選択ですね。また、見積価格が高い場合などの逆パターンも同じです。

また、1~2社ほどに相見積を出した場合、「値切り」は止めておいた方が良いでしょう。値切りをすることで業者も部分的に手を抜く場合があります。特に1日いくらでやっている職人は作業量と人件費が見合っていない場合、必ず手を抜いてしまいます。施工後数週間は問題なくても、1ヵ月過ぎたら「壁クロスが剥がれてきた」「トイレのクッションフロア(床)が剥がれてきた」とよく聞きます。

 

「快適な生活を望んでいたのに…」

昨今のリフォーム被害は、値切りや相見積が少なからず影響を受けているように感じます。

 

“価格”より“質”を選ぶ時代へ

もしかすると私たち、マーケティング・コミュニケーションズ株式会社が提出する見積書は他社と比べると少し高いかもしれません。しかし、あなたの人生のうち、1度あるかないかのリフォームに対して安い材料を使う、スキルが乏しい職人で人件費を安くすませる、ということは絶対にしたくありません。

良質な材料、経験豊かで臨機応変ができる職人で、あなたの夢を“形”にしていくのが私たち、マーケティング・コミュニケーションズ株式会社の役目だと考えております。それを実現するために、施工前にあなたの生活スタイルやこだわりを、ヒヤリングして形にさせます。施工後の内覧で納得がいかない部分があれば、お気軽にお申し付けください。マーケティング・コミュニケーションズ株式会社は“質”で勝負しています。納得がいかなければ、何度でもやり直しをさせて頂きます。間違った形を作ってしまったのであれば、あなたとマーケティング・コミュニケーションズのスタッフとのヒアリングが十分ではなかった、イメージを共有できていなかった、という私たちの落ち度です。

もし、このブログを読んで頂いて“価格より質”という重要な部分に気付いて頂ければ幸いです。

関連記事一覧




サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部
PAGE TOP