News
  • HOME
  • ニュース
  • コスト削減を目的とした原状回復リフォーム「Re:RooM(リ・ルーム)」を開発

コスト削減を目的とした原状回復リフォーム「Re:RooM(リ・ルーム)」を開発

定額制サービス商品「Re:RooM(リ・ルーム)原状回復リフォーム」を開発

07111556_51de57277f5a5

マーケティング・コミュニケーションズ株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:新納 藤生)は、この度、賃貸物件の家主様や管理会社様のコスト削減と新規入居者獲得を目的として、壁紙クロス張替とハウスクリーニングをセットプランとした定額制サービス「Re:RooM(リ・ルーム)」を、ラリーテクニクス株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:守谷 玲太)と共同開発し、平成28年4月より湘南エリア・横浜エリアよりサービス提供してまいりますのでお知らせいたします。

不動産業界において、賃貸物件から入居者退去後の原状回復は今まで、ハウスクリーニングが主体として行われており、壁紙クロスに傷やクリーニングで落ちない汚れなどがあった場合に限り、壁紙クロスを張り替えることがほとんどでした。

その理由として、敷金の中から原状回復費用を捻出するので、家主様や管理会社様はコスト削減の為、壁紙クロスはそのままで安価で仕上げられるハウスクリーニングだけに任せるというのが現状です。

しかしながら、現在の賃貸物件に対する入居者のニーズは確実に変化しており、結婚の晩婚化やDIY思考のユーザーも増え、家賃予算が多少オーバーしていても「自分だけの空間」も物件に対して選択要素の1つに含まれるようになりました。

家主様や管理会社様の声は今までネックで不明確だったコストを明確することで、概算的コストも把握できるようにしました。今回リリースした壁紙クロス&ハウスクリーニングサービスパック「Re:RooM(リ・ルーム)」になります。

 

新しい入居者に壁紙クロスを選んでもらえるシステム

「Re:RooM」の最大の特徴は、入居者自身にも壁紙クロスを選んでいただく事も可能ということです。今までコストを下げることでユーザーを無視した空間つくりや、家主様や管理会社様の自己満足を重視した結果、空室率を高めていることにも繋がっています。Re:RooMはユーザー目線と家主・管理会社目線の2つをもった定額制プラン商品になります。

 

詳しくは特設ページ内をご覧ください。

kya001970新しい入居者獲得改革 原状回復リフォーム「Re:RooM(リ・ルーム)」の特設ページはこちら

 

今後も、施工品質を高め、建物の資産価値につながる定額制サービス「Re:シリーズ」の提供に取り組んでまいります。

サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部