Marketing-communications Official Blog

大型連休を利用して普段人通りが多い箇所で新設工事!まずは試掘工事で地中を調査

今年のGWは10連休ということもあり、すでに旅行とかを予定立てしていますか?

平日は人通りが多く、さらには日数が掛かってしまう工事になかなか踏み込めないというお客様も多いでしょう。

今回は、今年の大型連休を活かして、人通りがまばらになるGW中に工事をする、伊勢原市にある幼稚園のグリストラップ新設工事の事前調査工事として、試掘調査工事をしたお話をご紹介します。

試掘調査工事も、人が少ない日曜日に行いました。まずは厨房から流れてくる外枡付近にグリストラップを新設するので、設置個所部分を試掘します。

寸法取りをしてから、始めにコンクリートカッターで一部分を斫っていきます。

続いて人力での掘削。

枡流入部と配管部調査をしていくので、新設するグリストラップのサイズまで掘削していきます。

厨房内から外枡まで砂利と赤土であることを確認し、4月30日から行うグリストラップ新設工事の最終打ち合わせと工程を確認。

埋め戻しでの見積をお出ししていましたが、コストを抑えたいということで埋設せず土嚢で仮養生をして、試掘調査は終了です。

人通りが多くて修繕したいけど出来ないところは連休を利用しよう!

オフィスビル内や工場など、平日人や車が多く通る施設用途は業務に支障が出るリスクを避け、なかなか大掛かりな工事を行うことができません。

ですが、今年のようなGW大型連休を利用して、小規模修繕・新設工事を行う企業さんから様々なご依頼を承っております。おそらく今年10月に控える増税があるので、できる限り安く済ませたいというお考えがあるのでしょう。

逆に利用者が増える「商業施設」やご家族が来る機会が増える「養護施設」などは、大型連休時の工事は向いておりません。こちらの施設用途は平日に行う方が、利用者さんからしてみたら良いでしょう。

まだGW中でも空きがありますので、大小関わらず、各種工事をご検討されているのであれば、一度ご相談ください。

関連記事一覧

PAGE TOP