Marketing-communications Official Blog

一部の外壁に使われている御影石の雨だれ除去の現地調査へ。

文京区にあるマンションから「外壁の石についている雨だれ跡を除去して欲しい」というご要望があり、現地調査とテストを踏まえてお伺いしてきました。

一部の外壁素材が御影石で、外壁に使われているとメンテナンスを滞るとこういった雨だれの跡が石の表面に焼き付いてしまいます。竣工から丸10年経っているので、大規模修繕時に作業を行うか、それとも磨きとコーティングだけを別で行うか、マンションの理事会に提出する予算取りを踏まえての現地調査です。

とその前に、この雨だれ跡がしっかりと落ちるのかどうか。それをテストしなければいけません。

外観であまり目立たない部分を選定し、マスキングテープで養生をします。

希釈した酸性洗剤を塗り込み、そのあとダイヤモンドパットで研磨していきます。17時から現地調査を行って、40分頃からテストを始めたので段々と暗くなってきます^^;

研磨した部分だけ雨だれ焼けが薄くなりました。さらにその場で足りない成分を希釈し再度塗布していきます。

ここで残念なお知らせ・・。

暗くなりすぎて写真じゃわからなくなりました^^;

でも、雨だれ焼けが落ちたので、この希釈率をメモ。

 

エントランスの床面御影石の酸性洗浄コーティング仕上、共用部エアコン洗浄、共用部カーペット清掃、電設工事などの見積も含めて、外壁の雨だれ焼け除去の材料費と人工費とコーティング費、ローリングタワー設置費などを算出して御見積です。

最近では、こういった建物劣化診断の相談が増えてきています。年度末ということもあって、来期の予算取りや大規模修繕などに備えるマンションやビルのオーナーさんが多いようですね。

大規模修繕や部分修繕をお考えであれば、マーケティング・コミュニケーションズにお気軽にご相談ください。適正価格でお見積もりをさせて頂きます。

 

関連記事一覧

PAGE TOP