Marketing-communications Official Blog

横浜市内やその他市町村で展開するグループホームの床清掃を受注・施工しました。

嬉しいことに、6月頃から神奈川県内のいろいろな養護施設さんから、お問い合わせフォームから見積依頼がたくさんありました^

現地調査→お見積りしたところで、契約を結んだのが8割・流れてしまったところ2割という感じです。今回その中から、今まで年1回のみ床清掃を行ってきたグループホームさんの施工事例をご紹介します。

年1回ということで床面はかなり汚れています。また、以前の清掃業者さんは汚れをしっかりと除去せずに樹脂ワックスを塗っている為、汚れがワックス内に入り込み、床面が黒ずんでいるところがほとんど。上記の施工写真でも白いところと黒いところの差があるのがお分かり頂けると思います。

こうなってしまうと剥離清掃をするしかありません。来年作業をする際は、剥離清掃で話を進めていこうと思います。

洗浄後は新しい樹脂ワックスを塗布していきます。作業仕様を考えワックス2回塗布にしました。

入居者さんが集まるスペースは一番汚れていて、剥離清掃をしたら部屋全体が明るくなり、美観や清潔度なども向上します。もし、定期清掃後に上記のような白くなっているところと黒ずんでいるところがある場合、剥離清掃の時期なので、現在頼んでいる清掃会社さん、もしくは弊社にご依頼いただければと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP