光沢が出なくなったから新しいワックスを塗ると逆にクレーム?バフの光沢性は評判です!!

朝晩は寒いって感じるほど、秋らしくなってきましたね!新型コロナウィルスの感染拡大も未だ懸念されていて、体調を崩しやすい時期でもあるので、皆さん気を付けて下さい^^;

 

さてさて、全然ブログ更新できなかったのは、9月は地味に物件数が多くてなかなか時間が取れませんでした^^;

 

今回は今年度より「床清掃」「ガラス清掃」「カーペット清掃」の定期清掃を依頼された神奈川県の公共施設の様子をご紹介します!まずは、9月12日(土)に床定期清掃(フロアクリーニング)を実施しました。

6階建て、廊下やトイレ、事務所内など、併せて約1,800㎡の床清掃対象面積、移動する荷物も多いので9時から17時まで目いっぱいの作業です!ここまで来るとそろそろ自走式のバフ機が欲しくなってきます^^;

床洗浄後、いつも通りバフで光沢と耐久性を出していきます。最近では、ワックスを塗るとお客さんからクレームが来るぐらい、バフでの光沢が評判です^^

マコムでは、従来の床清掃方法「床を洗浄して新しいワックスを塗る」という刷新して、「床を洗浄してバフで光沢性と耐久性を出す」という方法をしています。

新しいワックスを塗り続けることがないので、古いワックスを取り除く「剥離清掃」というお客様が負担するコストや時間が掛かる工程を無くすことできます。もちろん、仕上りや耐久性はワックスを塗る以上のものです。光沢が出なくなったら新しい専用ワックスを塗布するだけ。

 

10月にはガラス清掃も行うので、作業が終わったらそちらの様子もご紹介します^^

清掃費についてお悩みの方へ
次のようなことでお悩みでありませんか?
・現在頼んでいる定期清掃の価格は妥当なのか
・今より丁寧な作業をしてくれる業者はいないか
・定期清掃のコストを下げたい
・どのような頻度で定期清掃を頼めばいいか
もしも、清掃についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事一覧

PAGE TOP