汚くなってから清掃を依頼するのは遅すぎる?定期的に清掃を行い汚れが固着するのを防ごう!

あなたはどういった時に『ガラスをキレイにしたい!』と考えますか?

  • 汚れが目立ってきてお店や建物自体汚く見えてしまっている…
  • 従業員が毎日清掃をしているが負担をなくしたい…
  • テナントさんからクレームが入っている…

いろいろな理由があると思いますが『汚れているから』という理由がほとんどでしょう!

 

私たちマコムは『テナントビル』『店舗』『ホテル』『宿泊施設』『介護施設』『学校』など、多くの建物用途のガラス清掃を行っていますが、塩害や排気ガス、ホコリなど、その物件その物件で汚れの種類は様々です。

 

ですが、ガラスが汚れる主な原因は『排気ガス』と『土ボコリ』がほとんどです。ガラスが汚れてしまったから自分たちで清掃しようとしてもなかなか落ちません。じつは清掃会社も同じことです。

清掃会社に“汚くなってから”清掃を依頼するのは遅い!大切なのは汚れを付着するのを防ぐこと

ガンコにこびり付いた汚れは、酸性雨などの影響もあり、何度もシャンプーという道具や三枚刃などを使って洗浄、汚れをガラス1枚1枚時間をかけないと除去できません。それでも新品のような仕上りにはなりにくいです。しかも、清掃会社もその汚れに費やす時間や労力も掛かるので、必然的に清掃コストも上がってしまいます…。

 

そうならない為にも、私たちビルメンテナンス業者は「汚れが蓄積するのを防ぐ」ために、毎月1回・2か月1回と定期的な清掃を行うのです。これはガラスだけではなく、床清掃、カーペット清掃などにもいえることですね!

 

汚れが固着してから高い清掃コストでキレイになるかわからないよりかは、汚れが固着するのを防ぐために1ヵ月1回・2か月1回と定期的な清掃を行うのとでは、建物や店舗の美観維持することの他にも、年で見てみると実は定期的な清掃の方が清掃コストも安く済んだりします。

清掃が行き届いてないテナントビルは入居率にも悪影響が…

また、テナントビルの場合だと、入居率にも響いてきます。立地条件が良くて、いざ内覧に行ったら清掃が行き届いていないビルだったら幻滅するし、汚いビルに入居する企業のブランドも落ちてしまうので、入居したくなります…。

たかが清掃、されど清掃。なのです!立地条件が良くても、なぜ入居率が悪いのか、入居するテナントさんへ配慮できているかなど、今一度建物をじっくり見てみて、清掃が行き届いているか確認してみましょう!

 

というわけで、今回は毎月1回ガラス清掃を定期的に行っているテナントビルの9月分の高所外側ガラス清掃の様子を動画でご紹介します!

清掃費についてお悩みの方へ
次のようなことでお悩みでありませんか?
・現在頼んでいる定期清掃の価格は妥当なのか
・今より丁寧な作業をしてくれる業者はいないか
・定期清掃のコストを下げたい
・どのような頻度で定期清掃を頼めばいいか
もしも、清掃についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事一覧

PAGE TOP