剥離清掃を検討されている方、見積前の部分床剥離清掃や数社からの相見積もりやっていますか?

おかげ様で11月初旬から繁忙期に入りまして、日々の疲れからブログ更新が滞ってしまいました…。

さて、今回はいつもお世話になっている茅ヶ崎市にある介護施設(デイサービス)の共用部を剥離清掃のご依頼を頂きました。

コロナ禍で介護施設は出入り業者を制限しているので、利用者さんが少ない曜日と時間帯を考慮して、「キレイな空間を提供したい」と施設さんとお考えになって、マコムの無料の現地調査見積りをご利用されました^^

毎年、年末に従業員の方がワックスを塗っていたそうですが、洗浄して汚れを除去していないまま塗ってしまっていたので、黒くなってしまっていました…。

今回は、見積をする前に隅などでテスト洗浄を行い、床素材のフローリング材を傷めないよう、どれぐらいの希釈で行うか、どの研磨パットで剥離を行うかを事前に行いました。

テスト剥離洗浄をして、ビフォーアフターをお客さんにご確認してから剥離清掃の御見積をさせて頂き、即承認を得られました!では早速、ビフォーアフターの写真です!

黒く変色していて日が差し込んでも空間自体がどんよりしていた場所が、剥離清掃によって日差しも反射するほど明るい空間に変貌しました^^

清掃業者に剥離清掃を依頼する際の注意するポイントとは?

大掃除時期の年末に向けて、会社やビル、店舗や施設などの床の剥離清掃を検討している企業様も多いことでしょう。ですが、1社だけの見積もり、または今流行りの『くらしのマーケット』に登録している個人事業主の人にお願いするのは危険です…。

 

剥離清掃は、作業する人間、その人間が持っている知識や使う資材によって仕上りが大きく変わってきます。

 

過去には、マコムに剥離清掃の見積依頼をして頂いた法人さんのところへ現地調査でお伺いしたのですが、『特別な床材なので時間と専用剥離剤を使用するので少し高くなりますよ?』とお伝えしたところ、他社との相見積をしていたので結局他社にお願いしたそうですが、後日『頼んだ清掃業者に剥離清掃をお願いしたら床が全部溶けて全部貼り替えになった…』なんてことをご連絡を頂いたことがあります。

 

それほど、剥離清掃は作業員の知識や質によって酷いことになることもあります。『床が溶けた…』『仕上りが汚い…』『剥離したのに隅が汚いまま…』そんな経験をしたくないのであれば、下記の注意点を覚えておきましょう!

 

1.見積をもらう前に部分剥離をしてもらう

多くの清掃会社は現地調査見積りの際、テストで部分的に剥離清掃を行います。現状との差異を確認した方が発注者さんとしても『どう変わるか?』がわかるからです。ですが、くらしのマーケットなどに依頼した場合、作業当日まで作業員は現場が確認できないので、作業員が想定していた内容からイレギュラーが発生することがあり、仕上りが汚くなってしまうことも…。
必ず部分剥離清掃をしてもらい、どう変わるのかを見定めてから見積もり・発注しましょう!

2.1社だけじゃなく数社から見積もりをもらう

剥離清掃は、清掃会社によって施工料金が大きく異なります。そのため、面倒かもしれませんが、損をしないよう1社だけに見積もりを頼むではなく、複数の清掃会社から見積もりを取りましょう
また、作業時間も清掃会社によって様々です。剥離清掃は古いワックスを剥がす作業なので、長年ワックスを塗りたしている物件に関しては作業時間が増えます。清掃会社によっては作業員を増やすことで時間を短縮したりします。

3.ビルクリーニング業者なのか、ハウスクリーニング業者なのか

ハウスクリーニング業者は、普段対応しているお家のフローリング以外、Pタイルや長尺、塩ビなどの建材を一色単に『ハードフロア』と位置付けしています。床建材にはそれぞれ特性があり、見合った剥離剤・希釈濃度などがあります。間違った洗剤や希釈で剥離清掃を行えば床材に相当なダメージが加わり、床材自体が剥がれやすくなったりします。
ビルクリーニング業者なら、様々な建物や施設の床材を剥離しているので知識が豊富でハウスクリーニング業者より安価です。

4.現地調査見積り時や作業当日にスタッフから『ヒアリング』をされるか

物件によって剥離清掃をする場所の歩行頻度や使用頻度は様々です。剥離清掃後は、床材本来の素材になり耐久性が低くなります。そのため、床保護材としてワックスを塗布するのですが、歩行頻度などが多い場所ならワックス層を増やしたりして床材を保護します。光沢を出すためにワックスを塗るわけではないからです。
歩行頻度や使用頻度を清掃業者から逆にヒアリングされるかを確認する⇒されない場合、その後のワックスの耐久性が低く光沢と保護材としての機能を発揮しません。歩行によってすぐにワックスが削られます。

 

いろいろと注意点がありますが、代表的に剥離清掃の注意点です。もし『店舗』『事務所』『オフィス』『ビル共用部』などで剥離清掃を検討しているのなら、相見積もりでも良いのでマコムに一度ご相談ください^^

 

清掃費についてお悩みの方へ
次のようなことでお悩みでありませんか?
・現在頼んでいる定期清掃の価格は妥当なのか
・安くキレイにしてくれる業者はいないか
・今より丁寧な作業をしてくれる業者はいないか
・定期清掃のコストを下げたい
・どのような頻度で定期清掃を頼めばいいか
もしも、清掃についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事一覧

PAGE TOP