Marketing-communications Official Blog

作業時間をドンピシャで言ってくる清掃業者は見えない箇所を手を抜いているかもしれませんよ?

土日に床、カーペットの定期清掃に入ることがほとんどですが、この梅雨時期は湿度が高くてワックスやカーペットの乾きも遅いし、嫌いです…。そんな豪雨の中、横浜市にある県の官公庁施設の床定期清掃を行いました!

相変わらず荷物が多いキャラバンです。普段は自動床洗浄機とポリッシャーを常備し、カーペットのエクストラクターをたまに積んだりしています。

平米数がある現場には、この自動床洗浄機は欠かせない存在ですが、車から降ろすのが一苦労!「さぁ降ろすよ!」と言うとスタッフがサーッといなくなりますからね^^;

さて、こちらの物件の床定期清掃は「廊下」「食堂」「一部専有部」「別棟」と洗浄面積は約3,000㎡ほど。広い場所は自動床洗浄機で洗浄していきますが、小回りが利かない狭い部屋内はポリッシャーで作業を行っていきます。

※報告書用の写真も兼ねているので、施工名を記載した用紙がありますが気にしないでください(笑)

雨がザーザーでしたので、中々ワックスが乾きづらいかったのですが、乾いてみると光沢があります。そろそろ剥離の時期かなと思う今日この頃です…。

最期に長い廊下をスタッフ全員で歩いて、作業時にどかした消火器などを原状回復してチェックしていき作業終了です。

よく現場などで「何時に終わりますか?」と聞かれることがあります。床洗浄ワックス仕上は、床の汚染具合・その日の気候、湿度などが関係してくるので、おおよその時間帯しかお伝えすることしかできません。仮にドンピシャで作業終了する業者もいるようですが、それは時間に焦ってどこか手を抜いているかもしれませんよ?

そういった時は、念入りに作業箇所をチェックしてみてくださいね!

関連記事一覧

PAGE TOP