Marketing-communications Official Blog

小さな傷でもクロスを貼り返るべき?賃貸物件のクロス部分貼り替えのご依頼もOK!

2019年も半月が経ち、例年通り成人式を終えましたね!新成人の皆さま、おめでとうございます^^

1月は新年ということもあり、4月・9月の次に新しい職場だったり新しい生活を迎える月で、賃貸物件などは入退室に変動がある月でもあります。そういった中、藤沢市辻堂のマンションの1室を部分クロス貼り替え工事を行いました。

クロス貼り替えは、退去時に全面貼り替えを行った方が入居者さんに気持ちの良い生活を送ってもらえるのですが、敷金以上に費用が掛かってしまうので、「少しの傷だけだし貼り換えたくない・・」と思われる専有部所有者さんや不動産会社さんは多いはず!細かい傷で全面貼り替えはコストが掛かりますからね!そういった時におススメなのが「クロス部分貼り替え」です。

傷ついてしまったクロス部分だけ「リペア作業」という考えもあるのですが、リペア作業の金額は意外と高いもの!ですからクロスの部分リペアをするのであれば、クロス部分貼り替えの方がコストが下がる場合があります。そう、あくまで「場合」で、クロス部分貼り替え工事は㎡単価でお見積もりをお出しするのではなく、材料・人工込みの金額。いわゆる「材工一式」のお見積りになります。

こういった部分貼り替えは、利益につながらないので断る職人さんも多いのですが、マーケティング・コミュニケーションズでは、専有部の引渡清掃やビルやマンション全体の定期清掃(床・ガラス・カーペット・貯水槽・排水管高圧洗浄など)や各種修繕を承っているため、たとえ細かい工事でもオーナーさんや居住者さんが悩んでいたら飛んでいきます^^

こちらの物件は壁3面のクロス部分貼り替え工事で、材工一式で60,000円。傷がついたクロス面だけアクセントクロスというやり方もありますが、今回はオーナー様の御意向で量産クロス施工になりました。この物件では他にも残置物撤去・エアコン分解洗浄・ハウスクリーニングなどを行いました。

マーケティング・コミュニケーションズでは、ハウスクリーニングについて価格競争に参入することを避け、創業時よりお付き合いしている管理会社様・不動産会社様のみのサービスになりますので、予めご了承ください。

他にも、昨年にお出しした見積で、共用部エントランスリニューアル工事やフルリノベーション工事、各新設工事が一気に承認されたので、1月末ぐらいから少しバタバタしそうですが、細かい修繕や工事などのご相談があれば直近で現地調査へ伺える日をお伝え致しますので、まずは一度お電話・メールからでもご相談ください^^

関連記事一覧

PAGE TOP