Macom Official Blog

【Gopro】見ているとハラハラする?!10階建てのオフィスビルのロープでのガラス清掃

今年に入ってから、安全管理や品質管理をしていくため、Goproで撮影したガラス清掃の様子をYoutubeやブログでアップしていますが、意外と好評で前年と比べると、多くのお問い合わせやご依頼を頂いています。

やっぱり作業の様子を実際に見てみると、どんな感じで清掃作業をしているのかというのもわかるので、問い合わせしやすいのかなと思います^^

 

さて、今回も10階建てのオフィスビルのガラス定期清掃の様子をGoproで撮影したのでご紹介します!

最近、「これがプロのガラス清掃!」「プロも愛用!」ってやたら「プロ」って言葉を使っている商品や業者も多いように感じます!でも、こういったガラス清掃や床清掃をして業者はそれ専門でやっているので、いってしまえば全員が「プロ」なんですよね(笑)

 

でも、ビルクリーニングも含めて色々な施工業者・工事業者と業者はいますが、ほとんどの業者って自分のことをプロとは言いません!だってそれはお客さんが判断する事ですし(笑)

 

清掃だけじゃなく、たとえばエアコン取付業者も取付配管の位置や室外機の場所など、お客さんが満足してもらえなかったら手直しをして、納得してもらえるような施工をします。でも、「プロ」と最初に言ってしまうと、満足しない施工でも「いやいや、私たちはプロですから!」と突っ張る業者もいるそうです…。

 

実際、お問い合わせ頂いてご依頼をされ、作業内容や仕上りに満足して頂いて定期契約をして頂いたお客様の中には、「以前頼んだ業者は“私たちはプロですからこれで大丈夫です”と突っ張れられ、それでもやり直しをして欲しいと言ったところ、手直し料を要求してきた」そうです。これはウソのような本当の話です(笑)

 

私たちビルメンテナンス業者は『なぜここはいつも汚れるのか?』『その原因は?』『対応策はないか?』『ケミカル剤を変えてみるか?』『耐久性が高いものを使用してみるか?』と日々勉強です。一つの知識だけに固着せず、様々な方法を取り入れ、お客さまの満足度を高めようとしています。

 

自称『プロ』『プロフェッショナル』という業者には気を付けてくださいね^^

関連記事一覧

PAGE TOP