コロナの影響はこれからも?オフィス清掃や店舗清掃の価格見直し・コストカットしませんか?

ありがたいことに、今年に入ってから床清掃・ガラス清掃の定期清掃に関して、WEBサイトや口コミによるご紹介などからご依頼をたくさん頂いております!もちろん、ご依頼数が増えたとしても、手を抜かずに一つ一つの物件に愛情を持ちつつ、マコムはあなたの悩みや物件の問題点を解決していきますよ!

 

さて、今回は床清掃対象面積2,000㎡以上ある物件の、床定期清掃の様子をご紹介します!

こちらの物件も、美観を損ねる黒ずみや黄ばみの原因である業務用ワックスを塗らずに『床洗浄→バフィング』でワックスの光沢性と耐久性を復元させて、床面の美観を維持しています!

オフィス清掃や事務所清掃、店舗清掃の価格見直し

専有部はオフィス・事務所なので、共用部は歩行頻度が高いのでやはり汚れはありますが、前回もバフィングによるワックス硬化をしているので、そこまで傷やワックス磨耗はしておらず、光沢性も持続しています!今回も「床洗浄→バフィング」で光沢性と耐久性を復元させます!

オフィス清掃や事務所清掃、店舗清掃の価格見直し

でも、バフィングでどれだけ光沢が復元できるか気になりますよね?そこで実際に【床洗浄→バフィング】を行った場所のビフォーアフターがこちら!

オフィス清掃や事務所清掃、店舗清掃の価格見直し
オフィス清掃や事務所清掃、店舗清掃の価格見直し

業務用ワックスを塗ったように光沢が出ていますよね?実際に業務用ワックスを塗るより光沢性と写像性が出て、さすがにバフィングでも光沢が出なくなった時にワックスを塗りますが、「いつもより光沢がないけどワックス塗ったの?」とクレームを頂くぐらい業務用ワックスより光沢があります^^

 

床洗浄で汚れを取って新しい業務用ワックスを塗れば、確かに床清掃してもらった感がでますが、取り切れなかった汚れやゴミなどもワックスの中に入り込んでしまいます。毎月だったり数か月に1回、新しいワックスをどんどん塗り重ねていけば、その分汚れが目立ってくるんです!

 

コロナウィルスの影響で、外出も以前より減ってしまい、客足が遠のく今、多くの企業や店舗がコスト見直しをしています。マコムでは、そういったお客さまを最大限に応援します!現在の清掃会社さんの請求書、もしくは見積書がありましたら、FAX or お問い合わせフォームより送って頂ければ、お力添えできないこともありますが可能な限り、床清掃・ガラス清掃・カーペット清掃など定期清掃を安くします^^

関連記事一覧

PAGE TOP