Marketing-Communications Official Blog

品質向上とコストダウンを目的とした社内研修

3月28日の夜11時から藤沢G・HAPPYなどを展開している富士興業さんの店舗の一部をお借りして社内研修を行いました。

今回の研修内容の目的は『樹脂ワックスとは異なる仕上ワックスの耐久性とメンテナンス方法』です。
なので、従業員さんの休憩室や営繕室がある社員用通路で、ある意味店舗内より歩行頻度が高い部分をお借りしました。

試験的に導入させてもらった仕上ワックスは、樹脂ワックスでもなくバフワックスでもないものになります。

でも、例えいいものだったとしても、自分たちの目で耐久性と光沢性を確認して、
メンテナンス方法をスタッフ全員がしっかり把握しなければ、お客様へ提案ができませんからね!

まずは、既存の床面ワックスを除去する「剥離(ハクリ)清掃作業」から開始です。

希釈した剥離剤を床面に塗布して、約10分ほど待ちます。
そうすると樹脂ワックスの分子である金属と樹脂の結合が溶解し分離してからポリッシャーを操作し既存ワックスを除去していきます。

2回ほど剥離作業を行い、すすぎ洗浄をしてから床面を十分に乾燥させます。

ところどころの黒ズミは汚れではなくPタイルの破損や穴で、
本来現場ではパテ埋めなどを行いますが今回は研修ということもあり、その工程は省きました。

充分に乾燥した後、新しい仕上材のワックスを塗布する前に特別な溶液を2回ほど塗布してから、
今回の目的であるワックスを塗布しました。

結果がよければ、作業コストが抑えられるので、お客様に対してコストを下げることも見込めます!
なので、スタッフ全員が研修中は真剣に学んでいました。

まずは1ヵ月後の様子を見て、再度ワックスを塗布してみての5月末ぐらいの結果を見て状況を判断していこうと思います。

それと、今年からスタッフや協力会社様の作業品質を統一するため、弊社作業マニュアル書を作成しました。


4月もより良いサービスと品質を提供できるよう、日々精進してまいりますm(_ _)m

関連記事一覧




サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部
PAGE TOP