Blog

「箱根芦ノ湖なだ万」さんの床面剥離作業を行いました。

11月末にWEBよりお問い合わせ頂きました、「箱根芦ノ湖なだ万」さん。

お見積もりの承認が下り、まずは床面剥離清掃を23日の夜間に行いました。

幸い、なだ万さんの厨房は熱湯が出たので希釈した剥離剤を床面の塗布すると、1回の剥離作業で全てのワックスが除去できました。

あとはゆっくりとポリッシャーで既存ワックスを除去して、隅などはハンドパッドとケレンで古くなったワックスを取り除きます。

古くなったワックスを取り除いた剥離剤を回収しても、床面にはアルカリ成分が残っているので、中和剤を入れて再度洗浄を行い、十分に乾燥させたのち、ワックス塗布になります。

下地材を1回、ワックス2回塗布しました。下地材が乾くのに時間が掛かってしまい、作業時間が押してしまい、この時点で少し焦りを感じます。

下の画像は、下地材1回・ワックス2回を塗布した床面と、ワックス除去し中和作業を行いワックスを塗布していないところの差の部分です。

今回のなだ万さんは、レストランなので机とイスがかなりあって、2つに分け、片方に机とイスを全て動かし、片側を作業してワックスが乾いたらもう片方に物品を移動する方法をとりました。

もう片側も剥離剤を塗布。こちらも1回の剥離剤塗布で古いワックスがすべて除去できました。

古くなったワックスを機械でしっかりと除去して、汚水を回収をして再度中和作業を行ってから下地材を塗布。こちらも下地が固まるまで時間を要し、またもや焦りを感じます^^;

剥離作業は、いかに古いワックスを除去できるスピードを早めるか、いかに下地材とワックスの乾燥スピードを早めるかかが勝負になってきますね。自動床洗浄機を持ってこなかったことを少し後悔し始めます・・。

下地材が乾いてから、仕上げ剤として新しいワックスを2回塗布していきます。今後の定期清掃メンテナンスをドライ方式で行うのでそれ専用のワックスになります。

剥離をする前の床面は、黒く汚れていたのでその差は歴然です。

初回が剥離作業ということで、電源の位置や汚水の廃棄、現場構造など現場仕様も初めてだったので、初回はどうしても時間が掛かってしまいますが、2回目以降はそういった情報をスタッフ間でシェアするので、今後の清掃作業は時間短縮が可能となってきます。なだ万雅殿さま、営業時間ギリギリで申し訳ございませんでした。

 

私たち、マーケティング・コミュニケーションズ株式会社のビルメンテナンスが果たすべき使命は、ワックスを塗り替える作業ではありません。フロアをきれいに維持することで、オーナー様や管理会社様、さらにはその先にいる利用者様や入居者様に喜んでいただくことです。

 

今回の専用ワックスは、利用者様や入居者様が満足し、それによって評判が上がればオーナー様・管理会社様が満足する。オーナー様や管理会社様から契約更新や新規契約があれば、ビルメンテナンス業者も満足する。マーケティング・コミュニケーションズ株式会社のビルメンテナンス事業は、「三方善し」への貢献を目指しています。

 

 

 

関連記事一覧

サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部

<a href=”http://marketing-communications.jp/change/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/02/bana.png”></a>
</br>
<center><a href=”http://marketing-communications.jp/inspection/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/11/top_contents_banner_inspection.gif”></a></center>