Blog

「床清掃は年1回でいいや・・」と思わないで!たった2ヶ月で床面はこれだけ汚れます。

6ヶ月間のリニューアル工事を行い、3月末に引き渡しが完了した物件の床定期清掃を6月4日に行いました。

4月1日より一般開放をし始めた大和市の公共施設なのですが、一般解放後の初めての床清掃・カーペット清掃です。ノンワックスの塩ビシートなので、パッと見は汚れているようには見えません。

でも、ポリッシャーで洗浄してみると、、

これだけの汚れがっ!

このフロアは週1〜3回ほど、1日30分ぐらいしか歩行頻度がないところにも関わらず、これだけの汚れが床面に付着しているんです!

もっとも歩行頻度が高い廊下を洗浄してみると、、

いやぁ・・、ヘドロ並にすごいです・・。

拭き上げしている奥と洗浄する手前を比べると、奥の方が白く明るくなっているのがわかるほどですね。

3階建ての施設で約1,800㎡ぐらいあるのですが、念入りに洗浄を行なったのでかなり時間がかかりました。でも洗浄する前とした後では、かなり見栄えも変わります。

床清掃を頼むのを妥協してはいけない!放ったらかしは「衛生面」や「床材」をダメにする!

床材の汚れは、施設や店舗に入った瞬間からお客様や利用者の目に止まります。いくら美味しい料理を提供してくれる飲食店や、デザインに凝ったおしゃれなお店でも、“床がペタペタする”と利用者が感じてしまえば、良い雰囲気を提供してくれていても不快に感じてしまい、客足は遠のいてしまいます。

あなたの「清掃は年1回業者に頼めばいいかぁ〜」という妥協が客足を遠のかせているといっても過言ではありません。

先ほどの写真でもわかる通り、たった2か月で床面には汚れはびっしり付いてしまいます。これを1年に1回、汚れたら頼むという感じにしてしまうと、汚れが保護材を突き抜け床材質に浸透してしまい、洗浄では落ちない程になってしまいます。また、その汚れからカビなどの細菌が発生し、室内空間の空気まで侵される場合もあります。そうなってしまうと、いくら清掃をしても落ちないものになります。

そうなってからの対処法としては、もう床材を貼りかえるぐらいしかありませんが、そのコストは甚大なものです。

たかが床、されど床なのです。

 

1ヵ月1回、2か月1回など定期的な床洗浄を行うことで、建物全体の環境を整えることができます。特に幼稚園や保育園など、小さなお子様が利用する施設は小まめな清掃が必要です。

「あの幼稚園は汚い」「不衛生だ」とママ友にはすぐに話が広まってしまうので、削りたい固定費かもしれませんが、床清掃やガラス清掃、エアコン清掃などは非常に重要な固定費ともいえるでしょう。

“でもコストを下げたい・・”とお考えでしたら、もしかしたらお力になれるかもしれませんので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部

<a href=”http://marketing-communications.jp/change/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/02/bana.png”></a>
</br>
<center><a href=”http://marketing-communications.jp/inspection/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/11/top_contents_banner_inspection.gif”></a></center>