Marketing-communications Official Blog

防水シートに水が入ってブヨブヨする…!大規模修繕も控えているのでそれまでの応急工事

以前、当サイトより「ベランダ隔て板交換補修工事」のご依頼をいただきましたコトー宮前平管理組合様より、4階バルコニー防水部補修工事のご依頼をいただき、4月2日~4日の工期で工事を行いました。

コトー宮前平管理組合様から「防水シート部分に水が入ってブヨブヨする」とのことで、大規模修繕も来年に検討しているので応急処置の工事をしてほしいとのこと。階下に漏水する可能性もあり、建物に水を入れないよう処置が必要です。

まず水が貯まっていてブヨブヨする箇所に切れ込みを入れて水を出します。
まぁ、数年分溜まっていたせいか、この水が臭いってなんの…。

その間に浸水が発生した箇所・今後するであろう部分の補修工事の準備と養生を進めていきます。

こちらのルーフバルコニーに設置されている、アルミフェンスの土台形状が少し変わっていて、水切りがなく雨が降ると小さな隙間からそのまま防水シート内に侵入してしまうのが現状です。まずはドリルで穴を開け、フェンスと土台部分に水が浸透しないよう発泡固形剤を注入していきます。

発泡剤を注入し終え、固形されたことを確認してから手摺り架台下端をシーリング材で充填。

手摺り上部も同じくシーリング材を充填していきます。他にもドレン交換、防水層膨れ水抜き作業戻しを行い、施工報告書をまとめて管理組合様へ提出させて頂きました。

実際提出させて頂いた報告書の一部がこちら

 

2019年度予算に取り入れる昨年の見積がいろいろ承認され始め、4月5月はリニューアル工事の予定が多くなってきました。また、普段定期清掃でお世話になっている物件からもリニューアル工事のご依頼をいただき、連休前まではバタバタしそうですが、定期清掃・各種工事のご依頼は承っていますのでお気軽にご相談ください。

関連記事一覧

PAGE TOP