Marketing-communications Official Blog

台風による強風被害、実は被害は深刻だった…。翌日から現調見積に追われています。

先週上陸した台風15号の影響が日を追うごとに被害状況がわかるようになり、弊社サイトをご覧になった方から多くのお問い合わせを頂いております。ただ、お見積もりはできても台風被害で多くのお客さまから施工をお願いされており、また卸問屋もメーカーより資材待ちをしている状況であり、即日やすぐの工事出来かねます。ご了承ください。

さて、そんな中、当サイトをご覧いただきました都内の管理会社様よりお問い合わせを頂き、9月12日に台東区浅草のマンションの隔て板の現地調査見積りへ伺いました。

地上8階建てのマンション兼施設ですが、各フロアで要所要所隔て板が破損しています。

昨年の台風でも被害にあい、2回目の修理だそうです。確かに詳しく見てみると、新しいケイカル板と古いケイカル板がありました。

各々寸法や形状が違うため、1つ1つ確認していきたかったのですが、居住スペースもあり不在の入居者さんもいらっしゃったので、全てを確認できませんでした。

管理会社さまが後日、寸法や形状、枚数を調べてご報告を頂いてからお見積もりになりました。一部フレームも損傷しているので、交換工事としてこちらもお見積もりになります。見積承認を得ましたら、当ブログで施工の様子をアップしていきます。

 

台風の翌日から、神奈川県内だけでなく、東京・埼玉などから隔て板交換工事のお問い合わせや、各所損傷工事についてのお見積もり依頼を頂いております。また、その際によく「出張費掛かりますか?」と聞かれますが、マーケティング・コミュニケーションズでは現地調査とお見積もりに関して、出張費などは無料になっていますので、各種損傷工事にお悩みならお気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

PAGE TOP