Marketing-communications Official Blog

9月の台風被害によるマンション隔て板破損物件、ようやく依頼より2か月後に施工

9月末に上陸した台風が過ぎた翌日から、当サイトを見てくださった管理組合さんや管理会社さんから、最低でも1日5回以上お問い合わせを頂いている「マンションベランダの隔て板破損」。空き部屋が破損したことに気付いたりと、未だお問い合わせが増えている案件です。

さて、10月頭に当サイトを見ていただいた管理組合様よりお問い合わせを頂き、資材がようやく納入されたので2か月が経過しましたが施工が完了しました。

関連記事:台風24号によるマンションベランダの隔て板が壊れる被害が深刻…。


場所は神奈川県川崎市宮前区の「コト-宮前平」様で、依頼主はコト-宮前平管理組合様、請求先が東急コミュニティー様といった、マンションでよくある請求方法になります。台風24号の被害状況は、神奈川県内だと川崎市に大きなダメージを与えたみたいで、非常にお問い合わせが多かったエリアになります。

今回のベランダ隔て板工事は、単にボードが破損してボード交換というわけではなく、アルミ枠を固定している金物が強風によって破損、もしくは欠落してしまったケースになります。

<金物欠落>
<金物破損>

金物交換だけでなく、新規のアルミ枠・ボード交換も行います。

いやぁ、この新規アルミ枠とボードが届くまで、色々なことがありました^^;

受注までの納期、納期日にまさかの運搬中の破損発覚!そういった経緯がありつつの納期です。その納期もまさかの5日ほど遅れていましたけどね^^

あと、今回の工事は破損した・欠落した取付金物も新規で取り付けています。新規アルミ枠とボード、取付金物補修など3部屋の工事を執り行いました。

無事に工事が完工しました。コト-宮前平管理組合の皆さま、発注より2か月弱掛かりご迷惑をお掛けしましたが、今後とも宜しくお願い致します。

関連記事一覧

PAGE TOP