Marketing-communications Official Blog

15号と同等被害の恐れ!大型で猛烈な台風19号が3連休に日本列島へ。暴風雨に厳重警戒

引用元:ウェザーニュース

大型で猛烈な勢力の台風19号は、日本のはるか南の海上にあるマリアナ諸島を西北西に進んでいます。

先月の台風15号による被害に匹敵の恐れ

9月に関東地方を襲った台風15号では、千葉県を中心に広い範囲で長い時間停電したり、鉄塔が倒れたりと被害は深刻で、千葉県以外でも神奈川や都内、埼玉でベランダ隔て板や駐輪場屋根が破損してしまう被害が多数発生したことは記憶に新しいのですが、今回の台風19号も特に台風の進路の左側に当たるエリアでは15号の千葉県と同等レベルの被害が出る恐れがあります。

暴風だけではなく大雨となるリスクが…

今回の台風19号は暴風に加えて、秋雨前線の影響で接近前から大雨となるリスクがあります。また、台風が近づく12日から13日頃は大潮となっているため、高潮が発生する恐れもあります。

まだ進路が定まっておらず予想が変わる可能性はありますが、今年最強レベルまで発達し、勢力をあまり落とさず日本列島に接近するので、交通機関やインフラ設備への影響が広い範囲、かつ長時間に及ぶ恐れがあります。

住宅設備、万が一の断水停電など早めの対策を心がけるように

9月に関東地方に被害をもたらした台風15号と同等レベルが再上陸する恐れがあります。引き続き、ベランダ隔て板や駐輪場屋根、その他の被害が考えられます。貯蓄水や食料品などの備品も予め用意し、早めの対策をしておきましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP