Blog

アウトプットありきのインプット研修を充実させていく。

お盆休みがまじかに迫る中、元請の社員さんがビルクリーニング技能士1級取得するために実技訓練を行っていたのでお邪魔させて頂きました。

思い起こせば12年前。日中の業務が終わった後に、その時勤めていた会社の研修センターへ行き、日々実技訓練で汗を流したり、「このくらいの㎡数だと日常清掃要員は・・」とか「この床材の場合、洗剤の希釈濃度は・・」とか、頭をフル回転して学科講習を受けていたことを思い出します(笑)

その当時は、今の実技試験の内容も違っているし、単体だったビルクリーニング技能士も1級・2級・3級という複数等級に変わってしまいました。ちなみにビルクリーニング技能士は、ビルメンテナンスの登竜門的資格で国家資格になります。

そのため、マーケティング・コミュニケーションズ株式会社ビルメンテナンス事業部の社内教育は、ビルクリーニング技能士の実技試験を基準とした内容になっています。故に、清掃スタッフが間違った行動をしていたら「それは違う」とか「こういった場合はこうした方が良い」と、作業中に忠告するので、現場サイドからしてみるとウルサイ存在になっているかもしれません(笑)

でも、そういった忠告を聞かずにクセがついてしまい我流で作業をしてしまうと、仕上りにかなりの「差」が生まれ、結果として品質を保つことができずにクライアントさんからクレームが出てしまいます。自分のクビを自分で締めるようなものです。

 

社内研修の話に戻りますが、まず研修前にその作業内容の資料を渡します。

    

インプットだけでは頭でっかちになってしまうので、現場でアウトプットをします。少しでもマニュアルの内容と違ったことをするのであれば、すぐに注意→改善を繰り返し体で作業を覚えていきます。作業を終えてから再度マニュアルを読み返し、次の現場で活かすという反復学習を採用しています。清掃だけではなく、アウトプットありきのインプットをしなければ、適切な作業方法を覚えていきませんからね^^

あとは、お客様のヒアリングです。作業前、どういったところを気にしているのか。また作業後に気になる点はないかなどですね。

来月からは新期が始まるので、社内研修も充実させて、よりお客様に喜んで頂けるよう、努力してまいりますので今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

関連記事一覧

サービス提供エリア

神奈川県
藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・平塚市・逗子市・横浜市・川崎市・寒川町・相模原市・大和市・厚木市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦市・横須賀市・葉山町・愛川町・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・小田原市・南足柄市・箱根町・湯河原町・真鶴町・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町
東京都
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区町田市・調布市・三鷹市・あきる野市・昭島市・稲城市・国立市・八王子市
一部のエリア
静岡県一部・千葉県一部・埼玉県一部

<a href=”http://marketing-communications.jp/change/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/02/bana.png”></a>
</br>
<center><a href=”http://marketing-communications.jp/inspection/”><img src=”http://marketing-communications.jp/wp-content/uploads/2017/11/top_contents_banner_inspection.gif”></a></center>