緊急事態宣言発令でも生活に欠かせないサービスは無くならない!設備清掃も同じです。

新型コロナウィルスに感染拡大に伴い、緊急事態宣言が政府より発令されました。弊社所在地の神奈川県も「不要不急の外出」を避けるよう指示されています。

私たちビルメンテナンス業者も、利用者が多い時間帯での作業時間変更をお客さま及び管理会社様に変更届をさせて頂いています。

 

さてさて、年度末年度初めで色々とバタバタしていてブログ更新ができませんでしたが、毎年恒例の汚水槽清掃の様子をご紹介したいと思います!

川崎市_汚水槽清掃1

こちらの物件は汚水槽清掃のほかに、「貯水槽清掃」「高架水槽清掃」「排水管高圧洗浄」と給排水設備清掃をメインで行っています。

川崎市_汚水槽清掃2

新型コロナウィルスの影響もあり、作業時間を繰り上げてAM7時~作業を行い、ビルの利用者さんに影響が出ないよう作業を行いました。

川崎市_汚水槽清掃3

こちらの物件は地下1階の男子トイレ内にビル全体の汚水槽が設置されています。今回はこちらの汚水槽のバキュームと槽内清掃です。

川崎市_汚水槽清掃4

元々建物に設置されているポンプを使って汚水をくみ上げてから、汚物などをバキューム車で吸い取っていきます。汚水槽には「釜場」というくぼみがあり、ある程度釜場まで汚水と汚物が減ったら、槽内に入って洗浄を行います。

川崎市_汚水槽清掃5

一人が汚水槽内に入って洗浄しながら、洗浄で落ちた汚水と汚物をバキュームで吸っていきます。私たち業者は慣れてしまいましたが、かなりの臭いを発するので、ビル利用者やテナント入居者さんには予め通達を行います。

川崎市_汚水槽清掃6

こちらの物件はそこまで容量がないので、作業時間は約1時間半ほどで終了です。

お問い合わせを見てみると、汚水槽清掃で悩んでいるビルオーナーさんだったり管理会社さんはかなりいます!「どの業者がいいんだ?」と悩んでムダな時間を過ごすのであれば、まずはご連絡ください!すぐに現地調査に向かいますんで^^

 

新型コロナウィルスによって、仕事や移動など制限がありますが、皆さん、本当に頑張ってこの局面を乗り切っていきましょう!

関連記事一覧

PAGE TOP